| Home | 過去ログ | sitemap |
もうすぐ昼ごはん
過去ログ・2004年9月 全部 | 前のページ | 次のページ

  台風16号の被害 灯台まで吹っ飛ばされていた
Date: 2004-09-03 (Fri)
 2004/08/31の早朝に大阪に接近した台風16号はもの自分が今まで経験したことがないほどの強い風だった。午前2時頃に風の音で目が覚めて、風の音が恐ろしくてしばらくは寝ることが出来なかった。

 この台風で関西空港にも被害があったみたいだ。空港島の周囲に張り巡らしてあるフェンスが波で叩かれて地面とほぼ並行に倒れていたり、どこかに吹っ飛んでいた。

 これ以外にも、宮崎県日向市のイクイバエ灯台は、灯台そのものが暴風でどこかに飛ばされてしまったらしい(下の図は共同通信の記事)。
宮崎県日向市のイクイバエ灯台
 この台風が来たのは2004/08/30-31だから、なんで今頃になって報道されるのか謎だ。もしかして、この灯台は以前から灯台の役目を果たしていなかったので、「灯台が無くなっている」と通報があっても海上保安庁は放置していたのではなかろうか。
平成16年台風第16号に伴う8月30日の高潮・大雨・暴風 (平成16(2004)年9月3日現在、PDF形式 461KB)[osaka-jma.go.jp] [Archive]

 台風16号が通り過ぎた二日後から朝晩は気温が25℃を下回り、昼間も31℃位になり過ごしやすくなったが、それまでは昼間の気温は33℃以上の日がずっと続いた。そして、台風が来る数も平年よりも多く、雷も多かった。本当にキツい夏だった。
△

| Home | 過去ログ | 全部 | 前のページ | 次のページ