| Home | サイト内検索 | サイト内関連記事 | sitemap |
タイトル:C型肝炎 治療・通院記録(2005年1月〜)
このページの初回作成日: 2006年01月06日
このページの最終更新日: 2008年12月31日
目次 | 前のページ | 次のページ

 このページには、ペグインターフェロン、リバビリン併用療法によるC型肝炎の治療・通院記録について記載してあります。

 前回(2006/01/06)でレベトール+ペグインターフェロンの組み合わせによる治療が終了したので、今回から週一回のペグインターフェロンの注射のみとなりました。なお、レベトールとの組み合わせを終了した理由は、健康保険の適用の期限が満了したからです。

 私の場合、レベトール+ペグインターフェロンの組み合わせによる治療を開始して45週目でやっと陰性化したため、引き続きペグインターフェロンの注射を続けることにしました。

このページの項目は次のとおりです。
+ 2006年1月 01週目
+ 2006年2月 04週目〜07週目
+ 2006年3月 08週目〜12週目


  [1週目] 2006年1月14日(土)←日付はペグインターフェロン(100μg)を注射した日を示します(以下同様)
  1. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  2. 発熱はありません。
  3. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  4. 体がチクチクと痒くなる時があります。これは一日に2回程度で、我慢できる範囲です。
  [2週目] 2006年1月21日(土)
  1. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  2. 発熱はありません。
  3. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  4. 注射した(腕)が少し痒くなったので、マイザー軟膏を塗りました。なおマイザー軟膏は一回塗るだけで痒みは治まりました。
  5. 体がチクチクと痒くなる時があります。これは一日に2回程度で、我慢できる範囲です。
  6. おう吐: 2006/01/23(月)
     夜、急に気分が悪くなって(胃の辺りが重い感じがして)食べたものを吐きだしました。同じ事は2005/11/25にもありました。今回と前回の共通点を考えてみると、鯖(サバ)を焼いたものを食べたことでした。
     おう吐したあと4時間程度お腹が苦しい感じがしましたが、翌朝には回復しました。
  [3週目] 2006年1月28日(土)
  1. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  2. 2006/01/29(日)の夜、寒気がして微熱があったので早めに寝ました。翌日には回復していました。
  3. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  4. 体がチクチクと痒くなる時があります。これは一日に2回程度で、我慢できる範囲です。
  [4週目] 2006年2月3日(金)
  1. 体重は60kgです(2005/02/03測定)。
  2. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  3. 発熱はありません。
  4. 注射した(腕)が少し痒いので、マイザー軟膏を塗りました。
  5. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  6. 体がチクチクと痒くなる時があります。これは一日に2回程度で、我慢できる範囲です。
  7. きょうは月一度の診察日でした。(1)採血した結果も異常無しでした。(2)[52週目](2006/01/21)に鯖を食べた後に吐きだしたことについて、「鯖のアレルギーは人により強く現れる場合があるので、とりあえず鯖は止めておきましょう」とのこと。
体重変化の一覧 (身長は165cmです)
体重
01週目 73kg
17週目 68kg
23週目 66kg
28週目 65kg
32週目 64kg
36週目 63kg
41週目 62kg
44週目 63kg
50週目 63kg
50+4週目 60kg
  [5週目] 2006年2月10日(金)
  1. 注射のみ受ける日(診察が無い日)は毎週土曜日ですが、今週は11日の土曜日が祭日のため前日の金曜日に注射を受けました。
  2. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  3. 発熱はありません。
  4. 注射した(腕)が少し痒いので、マイザー軟膏を塗りました。
  5. 体がチクチクと痒くなる時があります。これは一日に2回程度で、我慢できる範囲です。
  6. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  [6週目] 2006年2月18日(土)
  1. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  2. 発熱(微熱)もありませんが、体調がすっきりしない状態が続いています(体が少しだるい状態)。
  3. 体がチクチクと痒くなる時があります。これは一日に2回程度で、我慢できる範囲です。
  4. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  [7週目] 2006年2月25日(土)
  • ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  • 注射した(腕)が少し痒いので、マイザー軟膏を塗りました。
  • 体がチクチクと痒くなる時があります。これは一日に2回程度で、我慢できる範囲です。
  • アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  [8週目] 2006年3月3日(金)
  1. 体重は59kgです(2005/03/06測定)
  2. きょうは月一度の診察でした。採決の結果、白血球などの委譲はありません。
  3. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  4. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  5. 今週は辛い一週間でした。日曜日の夕方頃から、なぜか体がふらつく状態でした。月〜水は終日寝ていました。
  6. 体調が悪いせいか、夜寝ていると背中が痒くなり午前4時頃に目を覚ましてしまった日が2回ほどありました。
体重変化の一覧 (身長は165cmです)
体重
01週目 73kg
17週目 68kg
23週目 66kg
28週目 65kg
32週目 64kg
36週目 63kg
41週目 62kg
44週目 63kg
50週目 63kg
50+4週目 60kg
50+8週目 59kg
  [9週目] 2006年3月11日(土)
  1. 今週は体調が回復しました。
  2. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  3. 体がチクチクと痒くなる時があります。これは一日に2回程度で、我慢できる範囲です。
  4. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  [10週目] 2006年3月18日(土)
  1. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  2. 体がチクチクと痒くなる時があります。これは一日に2回程度で、我慢できる範囲です。
  3. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  [11週目] 2006年3月25日(土)
  1. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  2. 寝ていると、明け方頃に背中が痒くて目が覚めるときがあります。背中には発疹などは見あたりません。体が温まると、痒みが現れるように思います。
  3. アモバン錠7.5mgを寝る前に1錠服用しています。
  [12週目] 2006年3月31日(金)
  1. 今日は診察がありました。採血の結果は「異常なし」とのこと。
  2. 体重は59kgです(2005/04/03測定)。
  3. ペグインターフェロンを注射した日以降も体調は正常です。
  4. レベトールカプセルを服用しなくなって約3ヵ月になりますが、この頃になってその影響が消えてきた様に思います。
    具体的には: 今までは、夜になると何とも言えない不安感が込み上げてきたのですが(鬱の症状)、その症状が段々と消えてきました。
  5. アモバン錠7.5mgを寝る前に1/2錠服用しています。←薬剤師さんの勧めもあって、今週からアモバンの量を半錠にしました。鬱の症状が解消されてきたためなのか、半分の量でも眠ることができています。
  6. 寝ていると、明け方頃に背中が痒くて目が覚めるときがあります。背中には発疹などは見あたりません。体が温まると、痒みが現れるように思います。
  7. 薬の副作用による鬱の状態が、霧が晴れるように軽くなってきたと感じています。
    1) これは、春になって暖かく、過ごしやすくなってきた影響があるのかも知れません。
    2) また、この状態は一時的なものなのか、この状態が継続、あるいは、より軽くなっていくのかは判りません。
    3) いま思い返すと、3月上旬〜中旬が鬱状態のピークだったと感じます。アモバンを服用していたので眠ることはできていましたが、夜になると言いようのない不安感が込み上げてくる状態でした。強い風が吹く日は、その音におびえを感じることがありました。
体重変化の一覧 (身長は165cmです)
体重
01週目 73kg
17週目 68kg
23週目 66kg
28週目 65kg
32週目 64kg
36週目 63kg
41週目 62kg
44週目 63kg
50週目 63kg
50+4週目 60kg
50+8週目 59kg
50+12週目 59kg

| Home | サイト内検索 | サイト内関連記事 | 目次 | 前のページ | 次のページ