| Home | サイト内検索 | サイト内関連記事 | sitemap |
タイトル:C型肝炎 治療・通院記録(2005年1月〜)
このページの初回作成日: 2006年07月04日
このページの最終更新日: 2008年12月31日
目次 | 前のページ | 次のページ

 このページには、ペグインターフェロン、リバビリン併用療法によるC型肝炎の治療・通院記録について記載してあります。

■2006年7月1日から、毎週一回注射するペグインターフェロンの量が60μgになりました。この背景については、こちらのページを参照してください

このページの項目は次のとおりです。
+ 2006年7月 25週目〜29週目
+ 2006年8月 30週目〜33週目
+ 2005年9月 34週目〜38週目
+ 2005年10月 39週目〜46週目


  [25週目] 2006年7月1日(土)←日付はペグインターフェロン(60μg)を注射した日を示します(以下同様)
  1. 発熱はありません。
  2. 少しお腹の調子が悪いです。
  3. 寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です。少し寝付きが悪いです。
体重変化の一覧 (身長は165cmです)
体重
01週目 73kg
17週目 68kg
23週目 66kg
28週目 65kg
32週目 64kg
36週目 63kg
41週目 62kg
44週目 63kg
50週目 63kg
50+4週目 60kg
50+8週目 59kg
50+12週目 59kg
50+17週目 59kg
50+21週目 58kg
50+25週目 57kg
  [26週目] 2006年7月8日(土)
  1. 発熱はありません。
  2. 体の痒みなどは全くありません。
  3. 寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です。この量で慣れてきたのか、よく眠ることができています。
  [27週目] 2006年7月14日(金)
  1. 普段は診察があるとき以外は土曜日に注射を受けていますが、今週は私の都合で金曜日に注射を受けました。
  2. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  3. 寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です。ここ数日、寝付きが悪くなった様に思っています。
  [28週目] 2006年7月21日(金)
  1. きょうは月一度の内科の診察日でした。特に異常はなく、普段と同じです。
  2. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  3. 寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です。ここ数日、寝付きが悪くなった様に思っています。
  4. いつも腕に注射しているのですが、その部分が少し痒くなりました。そこで、久しぶりにマイザー軟膏を塗りました。一回塗っただけですぐに痒みは治まりました。
  [29週目] 2006年7月28日(金)
  1. きょうは2ヵ月に一度の眼科の診察日でした。異常は認められませんでした。
  2. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  3. 寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です。ここ数日、寝付きが悪くなった様に思っています。
  [30週目] 2006年8月5日(土)
  1. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 体の痒みなどは全くありません。
  3. 寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です。
  4. 体重は57kgで、先月と同じでした。
体重変化の一覧 (身長は165cmです)
体重
01週目 73kg
17週目 68kg
23週目 66kg
28週目 65kg
32週目 64kg
36週目 63kg
41週目 62kg
44週目 63kg
50週目 63kg
50+4週目 60kg
50+8週目 59kg
50+12週目 59kg
50+17週目 59kg
50+21週目 58kg
50+25週目 57kg
50+30週目 57kg
  [31週目] 2006年8月12日(土)
  1. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 体の痒みなどは全くありません。
  3. 普段は寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)ですが、火曜日と水曜日の夜は眠ることができなかったので1錠にしました。
  [32週目] 2006年8月19日(土)
  1. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 体の痒みなどは全くありません。
  3. 普段は寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です。
  4. いつものように、土曜日の午前中に病院へ行きました。すると、受付のおねえさんからも看護婦さんからも「きのう来なかったね。どうしたん?」と言われました。はじめは何のことなのか理解できなかったのですが手帳に挟んだ予約票を見ると、きのうが月一度の診察日でした。やってもた! すっかり忘れていました。
    いつもの先生は土曜日お休みです。看護婦さんだけの判断ではペグインターフェロンの注射ができないので、採血してそのデータを別の先生に診てもらってから注射OKとなりました。予定外のロス・タイムでした。
  [33週目] 2006年8月25日(金)
  1. きょうは毎月一度の診察日でした(本当は先週だったけど忘れていました)。特に異常はなく、普段と同じです。
  2. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  3. 体の痒みなどは全くありません。
  4. 普段は寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です
  [34週目] 2006年9月2日(土)
  1. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 体の痒みなどは全くありませんが、腕の注射した部分が少し痒いです。
  3. 普段は寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)ですが、火曜日と水曜日の夜は眠ることができなかったので1錠にしました。
  [35週目] 2006年9月8日(金)
  1. 普段は毎週土曜日に注射をしていますが、今週は私の都合により金曜日に注射しました。
  2. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  3. 体の痒みなどは全くありませんが、腕の注射した部分が少し痒いです。
  4. 普段は寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)ですが、火曜日と水曜日の夜は眠ることができなかったので1錠にしました。
  [36週目] 2006年9月16日(土)
  1. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 体の痒みなどは全くありませんが、腕の注射した部分が少し痒いです。
  3. 普段は寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です。
  [37週目] 2006年9月22日(金)
  1. 今週は土曜日(2006/09/23)が祭日なので金曜日に注射をしました。そして、月一度の診察日でした。今回の診察では採血と検尿がありました。結果は、特に異常無しでした。
  2. 注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  3. 腕の注射した部分が少し痒いです。
  4. 普段は寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgは半分(半錠)です。
  [38週目] 2006年9月30日(土)
  1. (1)いつものペグインターフェロンの注射 (2)眼科の定期検診をしました。
  2. 眼科の定期検診は、ペグインターフェロンの副作用が目に現れていないかを検査するものです。診察の結果「(目の裏側も)綺麗ですよ」ということでした。
  3. ペグインターフェロンの注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  4. 腕の注射した部分が少し痒いのでマイザー軟膏を塗りました。塗ったのは1回だけです。
  5. 寝る前に服用しているアモバン錠7.5mgを1錠にしました。今までは半分(半錠)を服用していたのですが、夜中2時頃に目が覚めることが続きました(原因は判りません)。そこで、1錠にしました(もともと、内科の先生は一日1錠として処方箋を発行しています)。
  [39週目] 2006年10月7日(土)
  1. ペグインターフェロンの注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 寝る前にアモバン錠7.5mgを1錠を服用しています。
  3. 体の痒みなどは全くありませんが、腕の注射した部分が少し痒い程度です。
  4. 体重を測定したところ58kgでした。前回測定したとき(2006/08/05)よりも1kg増えていました。少し食欲も出てきたので、体重の減少も止まったのかな。
体重変化の一覧 (身長は165cmです)
体重
01週目 73kg
17週目 68kg
23週目 66kg
28週目 65kg
32週目 64kg
36週目 63kg
41週目 62kg
44週目 63kg
50週目 63kg
50+4週目 60kg
50+8週目 59kg
50+12週目 59kg
50+17週目 59kg
50+21週目 58kg
50+25週目 57kg
50+30週目 57kg
50+39週目 58kg
  [40週目] 2006年10月14日(土)
  1. ペグインターフェロンの注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 寝る前にアモバン錠7.5mgを1錠を服用しています。
  3. 体の痒みなどは全くありませんが、腕の注射した部分が少し痒い程度です。
  [41週目] 2006年10月20日(金)
  1. きょうは月一度の診察の日でした。採血の結果も異常はありませんでした。
  2. ペグインターフェロンの注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  3. 寝る前にアモバン錠7.5mgを1錠を服用しています。
  4. 体の痒みなどは全くありませんが、腕の注射した部分が少し痒い程度です。
  5. HCVウイルスの有無を定性分析(陰性か陽性か)を判定するため採血しましたした。
  [42週目] 2006年10月28日(土)
  1. ペグインターフェロンの注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 寝る前にアモバン錠7.5mgを1錠を服用しています。
  3. 体の痒みなどは全くありませんが、腕の注射した部分が少し痒い程度です。
  [43週目] 2006年11月4日(土)
  1. ペグインターフェロンの注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 寝る前にアモバン錠7.5mgを1錠を服用しています。
  3. 体の痒みなどは全くありませんが、腕の注射した部分が少し痒いのでマイザー軟膏を塗りました。一回塗るだけで痒みは収まりました。
  [44週目] 2006年11月4日(土)
  1. ペグインターフェロンの注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 寝る前にアモバン錠7.5mgを1錠を服用しています。

今朝は早朝から雨が降ったり止んだりしていました。朝9時、雨の止み間を縫って病院までスクーターで行き、小降りの時に戻ってきました。自宅から病院まで地下鉄を使って行くと往復で400円もかかるので、節約のため毎回スクーターで移動しています。

  [45週目] 2006年11月10日(土)
  1. ペグインターフェロンの注射をした後も発熱や体のだるさはありません。
  2. 寝る前にアモバン錠7.5mgを1錠を服用しています。
  [46週目] 2006年11月17日(金)

 ペグインターフェロンの注射を2006年12月末日まで続ける予定だったのですが、この日(2006年11月17日)で終了することとなりました。 HCVウイルスの定性分析の結果が陽性となったからです。

 一時期は陰性化したので喜んでいたのですが再び陽性になりました。つまり、消えたはずのC型肝炎ウイルスが再び現れた状態です。

 今回の治療の目的は、C型肝炎ウイルスを絶滅されること(肝臓の炎症を収めるためではない)だったので、ドクターと相談して「このままペグインターフェロンの注射を続けても効果が期待できない」と判断したので治療を終了することになりました。

 今後は3ヵ月に一度の健康診断となります。


| Home | サイト内検索 | サイト内関連記事 | 目次 | 前のページ | 次のページ